ジェットストリームアタックをかけるぞ

 みなさんはシャーペンやボールペンを買うとき、どのくらいこだわりますか?たかみは結構こだわってしまう方で、気に入ったやつが紛失してしまったり、壊れてしまったりすると結構焦ります。

 

 たかみはもともとあまりモノへの執着がない人間なので、以前はそんなにこだわる方ではなかったのです(日本中の傘が「置き傘」になればいい・・・と主張している一人です)。ところが、論述試験である中小企業診断士2次試験を前に、1日の練習で1万字を超えることもザラとなり、合わない筆記具を使うと手が痛い痛い・・・。そのときに書き心地のよいものにこだわって以来、買い物ごとに自分に合うものを選ぶようになりました。

 

 とはいえ、1,000円しないような筆記具の「銘柄」ってみなさん覚えてますかね?高見はすぐに忘れるほうです。似たようなものが一杯あるし、すぐに新製品に代わるし、銘柄指定までして買う必要はナシと思っていたのです(いわゆる「最寄品」の宿命ですね)。

 

 そんなある日、面白い出来事が起こりました。診断士試験以来、1年くらい使っていたお気に入りの筆記具(ブランド不明・シャーペン+黒赤ボールペン・市価500円)が壊れてしまい、文房具屋へ買いにいきました。壊れたペンのことはまったく意識せず、新しいペンを買おうと思い、筆記具売り場の前で30分くらい書き比べをすることに(怪しい客ですね→笑)「あれでもない、これでもない・・・」と選んで選んで、最終的に気に入った1本を連れて帰りました。

 

 家に帰ってみると 「あれれ・・・?えぇ・・・こんなことってあるん?」・・・ぷちビックリ!

 

 意識していなかったのですが、買ってきた1本は、銘柄もカラーも「壊れたもの」とまったく同じものだったのです。たかが筆記具、されど筆記具、自分にピッタリのものって、別れてもまた再開するんですね。恋愛と同様、恋に落ちるタイプは常に一緒なのでしょうか(笑)

 

 ブランド名はタイトルにあるとおり「ジェットストリーム」・・・でした。ガンダム世代にしか分からないネタですが、あと1本買って3本そろえようかな。

What's New

仕事ネタと晩酌ネタを書いていきます。