担当科目その1 企業経営理論

 高見は受験校の講師をやっています。たまには診断士らしく、どんな科目を教えているのか書きたいと思います。


 中でも企業経営理論は一番人気の科目でしょう。MBAもそうですが、診断士になりたい人はこれを学びたい人が多いわけですから。内容は大きく3分野に分かれます「経営戦略」「組織論」「マーケティング論」です。

 

 この中でも組織論は、私自身が会社経営に行き詰まった経験を持っており、また役所の「官僚」としても悩み多かった部分です。組織はなぜ保守的になるのか?ベンチャー起業が成功に至らないパターンとは・・・全部私自身に突きつけられた課題でした。その答え(あくまでも理論ですが)が企業経営理論のテキストには詰まっています。

 

 今にしてみると、経験と理論が結びついたおかげで診断士になれたのだと思っています。企業や組織の中で悩める方々は、愚痴を吐くよりも、診断士の知識を吸うといいですよ★いまの「悩み」がきっと勉強の糧(というよりもネタ)になりますから(^^)

 

★写真はもみじ饅頭を揚げた「揚げもみじ」・・・宮島でしか食べられません!

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

What's New

仕事ネタと晩酌ネタを書いていきます。