担当科目その2 財務会計

 財務会計は苦手な人が多い科目です。数字を見ただけで、B/SやP/Lの様式を見ただけで「ウッ」と胸焼けする人も多いと思います。私もそうでした。行政って単式簿記ですからね。そんな私ですが、診断士を取得する前に簿記を取得していました。なぜ簿記を取ったか、これも「必要」に駆られてでした。

 

 簿記3級を取ったのは、役所を辞めて会社を始めるとき。何も知らないのでは危ないだろうと思ったからです。1ヶ月も学べば合格できる3級とはいえ、行政とは違うもうひとつの世界(企業経営)の基本が分かったときは嬉しかったものです。

 

 簿記2級を取ったのは、会社が安定期に入りつつあり、学んでいない自分が嫌だったからです。仕事がうまくいっている時期の学習は、やはり身につきにくいですね。1回落ちて2回目に合格しました。落ちたときの点数は、なんと70点合格のところ68点でした。


 簿記1級を取ったのは、会社を追い出されそうだったときです。ちょうど勉強の時間ができた・・・ってなもんで、ガッツリやらせてもらいました。こういう逆境のときは合格するんですね。そして診断士も取得したわけですが、どんな逆境でも「学び」をしている限り、人間の終わりはないような気がします。


 あ、診断士の財務会計について書くのを忘れてた。本気で書き出すと長くなるのでまたの機会に(笑)

 

★写真は燻製の盛り合わせ・・・広島は僕好みの店が多いなあ・・・

What's New

仕事ネタと晩酌ネタを書いていきます。