商工会議所職員と語る

 商工会議所職員を招いての連続研修会を大阪の支援機関で実施しました。
 本日お招きした方は、高見の先輩診断士にあたる方です。診断士としてのキャリアが10年の超優秀な商工会議所マンです。地元企業へのアプローチの仕方など、教えていただき、大変勉強になりました。特に印象に残ったのは「提案型」で営業をすることが大事だという点。診断士としては、普段クライアントにそういうことを言っているのですが、いざ自分たちのことになると、支援メニューを提案型で売り込めていないなあと反省します。
 やはり研修はいいですね。経理支援のところでも書きましたが、「自分は自分のことが一番できない」ということに気づくところから、色々な手段を使うんだなあと実感しました。みなさん高見のことを助けてね。

What's New

仕事ネタと晩酌ネタを書いていきます。