エリート政令市職員さん

ある政令市で出している、行政職員の研究紀要にレポートを書かせていただきました。200万都市の町です。やっぱりエリート市役所は違うね。こんな研究紀要を作ったりして、求められる政策を本気で探求しています。僕のいた人口数万人の役所とは違うや。

 

もちろん、小さい町にも小さい町なりの面白さはあるんですけどね。大企業と中小企業の差みたいなもんで。社員数(職員数)が少ない分、トップとの距離が近く、質の高い社員が集まれば、その効果はすぐに出せます。しかし逆の場合も多いのも事実。質の高いスタッフはやはり大企業に集まりますから。

 

最初の就職先に小規模の役場を選んだ私は、やっぱり中小企業診断士向きなんだなあと思います。小規模自治体の首長って、中小企業の社長さんとなんら変わらないはずですから。本来はね。

 

★写真は居酒屋で食べたハム焼き。ハムを焼いただけ。こういうシンプルなのが一番美味い。

What's New

仕事ネタと晩酌ネタを書いていきます。